離婚相談室 - 木下行政書士事務所(土日祝夜間相談OK)
H O M E 業 務 一 覧 お客様の声 プロフィール 各種相談 会社概要 ブ ロ グ

DNA鑑定

離婚相談予約

メール相談(初回無料) メール相談(初回無料)

電話相談(30分間無料) 電話相談(30分間無料)

面談相談(30分間無料) 面談相談(30分間無料)

離婚の理由

離婚する前に・・・ 離婚する前に・・・

離婚を迷っている方へ 離婚を迷っている方へ

離婚寸前の危機脱する 離婚寸前の危機脱する

離婚と子ども 離婚と子ども

男性の離婚相談室 男性の離婚相談室

離婚相談(重要P) 離婚相談(重要P)

女性の離婚相談室 女性の離婚相談室

離婚の方法

離婚協議書作成

夫婦間で話し合って離婚 (協 議 離 婚) 夫婦間で話し合って離婚
    (協 議 離 婚)

離婚協議書と公正証書 離婚協議書と公正証書

調停による離婚 調停による離婚

調停の申立時の手続 調停の申立時の手続

調停は本人出頭主義 調停は本人出頭主義

離婚調停の実際 離婚調停の実際

調停に要する期間は 調停に要する期間は

調停取決 守られない時 調停取決 守られない時

裁判離婚(判決離婚) 裁判離婚(判決離婚)

親権者の決め方 親権者の決め方

監護者 監護者

子のための面接交渉権 子のための面接交渉権

面会交流の取決め方 面会交流の取決め方

内容証明の上手な利用法 内容証明の上手な利用法

離婚とお金

離婚と慰謝料 離婚と慰謝料

離婚と慰謝料額 離婚と慰謝料額

慰謝料の請求時期 慰謝料の請求時期

暴行・虐待の慰謝料 暴行・虐待の慰謝料

慰謝料と財産分与の関係 慰謝料と財産分与の関係

慰謝料の算定 慰謝料の算定

子どもの養育費 子どもの養育費

離婚の相談→養育費は? 離婚の相談→養育費は?

離婚と年金分割制度 離婚と年金分割制度

年金分割制度の実際 年金分割制度の実際

離婚と財産分与 離婚と財産分与

財産分与の対象財産 財産分与の対象財産

当事務所関連

メール相談 メール相談

電話相談 電話相談

面談相談 面談相談

料金表 料金表

顧問サポート 顧問サポート

免責事項 免責事項

大阪相続遺言サポートセンター

関連リンク集 関連リンク集

関連リンク集2 関連リンク集2

相互リンク集 相互リンク集

お問合せ 特定商取引法 プライバシーポリシー

子どもの養育費


養育費は、子どもを扶養するために必要な費用のことです。


衣食住の費用、教育費、医療費や子どもの小遣いも含みます。


子どもの養育は、親権者であるかに関係なく、親として当然の義務とされています。


このことから離婚をして子どもを引取らない親であっても当然に、
養育費を支払う義務があります。


困ったことに、養育費については、法律的に明文がありませんので、
法定基準が無く離婚の際に両親双方で話し合って決めることになります。


養育費を決めずに離婚した後で、支払を求めるとき、
あるいは、いったん決めた額が不適当と思われる時は、
再度協議してその額を取決めることになります。



★養育費請求の調停

協議ができないときは、親権者が、家庭裁判所に、養育費請求の調停を
申し立てることができます。


調停でも養育費の金額に合意が整わないときは、審判手続きに移ります。


審判手続きでは、家庭裁判所が、双方の収入や子どもにかかる費用を調査したうえで、
審判により父また母の負担額を決定してくれます。



★養育費の増額または養育費の減額の調停

養育費の額は、実情に合わせて決められますので、
子どもの成長により入学金や学費の増加や病気などで増額が
必要になることが多いです。


また、反対に支払者の側の怪我や病気、失業、監護者側の大幅な収入アップなど
の理由で減額の請求もできます。


このようにいったん決めた額であっても事情に変更があれば、
変更・取り消しをすることができると定めています(民法880条)


ここでも養育費の請求と同様に、双方の協議で取決めることが良いのですが、
協議で決まらなければ、家庭裁判所に養育費の増額(または養育費の減額)を
求める調停を申し立てができます。



★養育費は何歳まで支払う

養育費の支払う義務があるのは、原則満20歳までとされています。


しかし、親は子に自分と同程度の生活をさせる義務があるといわれていますので、
親の学歴や収入に応じて、青年に達した後も大学卒業まで養育費の支払を
認める場合もあります。


この他に子どもが重い病気を患ったりして親の扶養が必要な場合があります。


民法は、「直系血族及び兄弟姉妹は、互いに扶養をする義務がある」
と定めています(民法887条1項)


従って満20歳を過ぎていても自力での生活が困難な事情がある場合は、
親に扶養義務が発生します。


子どもの養育費の場合は、離婚した妻または夫から実情に合わせて
増額または減額の請求ができることとなっています。


 お気軽に相談&予約してください  木下行政書士
メール相談
メール相談
電話相談
電話相談
面談相談
面談相談



木下行政書士事務所

〒571-0057 大阪府門真市元町3番3-4号
TEL/FAX:(06)6909-9707
e-mail:h.kinoshita@maroon.plala.or.jp

Copyright (C) 2017 後悔しない離婚相談、離婚方法, All rights reserved.