離婚相談室 - 木下行政書士事務所(土日祝夜間相談OK)
H O M E 業 務 一 覧 お客様の声 プロフィール 各種相談 会社概要 ブ ロ グ

DNA鑑定

離婚相談予約

メール相談(初回無料) メール相談(初回無料)

電話相談(30分間無料) 電話相談(30分間無料)

面談相談(30分間無料) 面談相談(30分間無料)

離婚の理由

離婚する前に・・・ 離婚する前に・・・

離婚を迷っている方へ 離婚を迷っている方へ

離婚寸前の危機脱する 離婚寸前の危機脱する

男性の離婚相談室 男性の離婚相談室

離婚相談(重要P) 離婚相談(重要P)

女性の離婚相談室 女性の離婚相談室

離婚の方法

離婚協議書作成

夫婦間で話し合って離婚 (協 議 離 婚) 夫婦間で話し合って離婚
    (協 議 離 婚)

離婚協議書と公正証書 離婚協議書と公正証書

調停による離婚 調停による離婚

調停の申立時の手続 調停の申立時の手続

調停は本人出頭主義 調停は本人出頭主義

離婚調停の実際 離婚調停の実際

調停に要する期間は 調停に要する期間は

調停取決 守られない時 調停取決 守られない時

裁判離婚(判決離婚) 裁判離婚(判決離婚)

親権者の決め方 親権者の決め方

監護者 監護者

子のための面接交渉権 子のための面接交渉権

面会交流の取決め方 面会交流の取決め方

内容証明の上手な利用法 内容証明の上手な利用法

離婚とお金

離婚と慰謝料 離婚と慰謝料

離婚と慰謝料額 離婚と慰謝料額

慰謝料の請求時期 慰謝料の請求時期

暴行・虐待の慰謝料 暴行・虐待の慰謝料

慰謝料と財産分与の関係 慰謝料と財産分与の関係

慰謝料の算定 慰謝料の算定

子どもの養育費 子どもの養育費

離婚の相談→養育費は? 離婚の相談→養育費は?

離婚と年金分割制度 離婚と年金分割制度

年金分割制度の実際 年金分割制度の実際

離婚と財産分与 離婚と財産分与

財産分与の対象財産 財産分与の対象財産

当事務所関連

メール相談 メール相談

電話相談 電話相談

面談相談 面談相談

料金表 料金表

顧問サポート 顧問サポート

免責事項 免責事項

大阪相続遺言サポートセンター

関連リンク集 関連リンク集

関連リンク集2 関連リンク集2

相互リンク集 相互リンク集

お問合せ 特定商取引法 プライバシーポリシー

離婚と年金分割制度


離婚の時に年金分割制度を利用される方は、これから当然の権利として
主張されると思います。


今までは、熟年離婚を考えていても離婚後の生活が、
不安でなかなか離婚に踏み切れない方が、多くいることは間違いありません。


やはり離婚とお金の話しは、切っても切り離せない関係にあると言えます。


離婚を考え始めたきっかけは、借金や不労が原因であったり、浮気が原因であったり、
夫(妻)の不倫が原因であったり、夫が家庭を顧みないことが原因であったりと
様ざまです。


しかし、熟年離婚を考える場合は、長い結婚生活の間に、夫を支えながら
子どもを育てあげてきたが、夫の定年後も一緒に夫婦としてやっていくのが、
がまんできなくなってきているからです。


これは、単に夫がいやだから離婚したいと言うだけではないことが、
多くの熟年離婚のカウンセリングをしていて理解できるようになってきました。


特に、裁判離婚でいわれる離婚事由が無いけど離婚したいと考えている方は、
非常に多いのです。


このことが離婚の理由として一番多い「性格の不一致」ということで現れています。


おそらく、離婚を考えた場合に、離婚後も生活するのに不足の無い現金や
預金を持っていたら夫の定年や年金分割が可能になるまで、待つことなく
離婚された方は非常に多いと考えています。


このように妻が、離婚後の生活を考えて、がまんしながら夫婦関係を継続してきた
場合は、退職金や厚生年金を手にする時期になると離婚が増加するようになります。


夫の言い分である「仕事でいそがしい」、「つき合いだから仕方ない」、
「自分が働いているから家族が生活できる」、「家に帰ってまで面倒な話しを聞きたくない」、 「子どもの教育は妻に任せている」と言った甘い考えで、

家庭を第一に考えていないと妻から離婚を申し出られることになります。


どんなに仕事がいそがしくても、どんなに大事と思われる付合いがあっても、
どんなに給料を入れていても、妻が心の底から理解し協力していなければ、
妻の寂しさや不安、不満が熟年離婚とした形で表れてきます。


結婚形態の変化と女性の社会進出の増加と比例するように離婚は増加しています。

結婚(婚姻)は家と家との結びつきという考えから、

男性と女性の愛情と信頼を契約という形で作成した婚姻届を
届け出ることで成立すると理解していれば、愛情と信頼が無くなれば、

婚姻解消の形で届け出ることになるのが離婚届であると 理解できると思います。



まだまだ、離婚をすることは悪いこととの罪悪感を持つ方も多いのが現状です。


私も離婚のカウンセリングをしていて、「本当に離婚して良いのでしょうか」と
問われることがあります。


いざ離婚を決意しても多くの複雑な思いが交錯してくるものです。


そんな時にはいつも「離婚をするも良し、離婚をしないも良し」とお伝えします。


なぜなら離婚を考えたのは、幸せな人生をおくりたいとの思いからですから、
どちらが幸せな人生になるかを決めるのも、あなたしかいないと言うことです。


いろいろな思いで迷っている方は、
ぜひ行政書士であり離婚アドバイザーである私までご相談ください。


 お気軽に相談&予約してください  木下行政書士
メール相談
メール相談
電話相談
電話相談
面談相談
面談相談



木下行政書士事務所

〒571-0057 大阪府門真市元町3番3-4号
TEL/FAX:(06)6909-9707
e-mail:h.kinoshita@maroon.plala.or.jp

Copyright (C) 2016 後悔しない離婚相談、離婚方法, All rights reserved.