こうして離婚はつくられる!

LINEで送る
Pocket

物騒な話しですが、まず、戦争について考えてみる。

「戦争では、戦争を始める国は自国にとっては、

うまくいくだろうとの希望的観測がはたらく。

相手国にとっては悪くなるだろうとの期待を持つ。

さらに、相手国はよくなることはないであろうとの満足感を持つ。

終わってみるとどちらにとっても悪くなったとの驚きに変化する。」

この戦争観を前提にして、離婚を考えてみる。

「離婚も戦争と同じで、夫婦間で協議をしているうちはよい。

しかし離婚調停や離婚裁判をすれば、自分の思いがかなうだろうとの

希望的観測がはたらく。

自分より相手の方が、理不尽と思い込んでいるので、

相手は、調停や裁判により悪くなるだろうと期待を持つ。

さらに、相手は今よりもよくなることはないであろうとの満足感を持つ。

終わってみるとどちらにとっても悪くなったとの驚きに変化する。」

物理的な解決を必要とする場合に、夫婦間の争いを裁判所に持ち込むならまだしも

夫婦間の心の葛藤をそのまま、裁判所に持ち込むのは危険である。

夫婦間の争いは、かつては「夫婦喧嘩は犬も食わぬ」と言われた。(今も同じような気もする)

これからも分かるように、夫婦間での問題解決は、

協議で解決させるのが常識であり、故意に離婚調停や離婚裁判に持ち込むのは、

常識を踏みにじる行為であるような気がする。

離婚とは、戦争と同じで「常識をふまえて、常識を踏みにじる」行為である。

こうして離婚はつくられる。

※ 木下行政書士に直接ご相談をしてみたいと思われる方は、お気軽に下記のフォームよりご相談ください。
フォームは全てプライバシー保護のため、GeoTrustのSSL暗号化通信を採用しております。
ご安心ください。

>>メール相談フォーム
>>電話相談フォーム
>>面談相談フォーム

LINEで送る
Pocket