夫や姑を「悪魔」や「鬼」に例える

LINEで送る
Pocket

「悪魔」、日本的に言うと「鬼」かな

見たことはないのですが、ご相談者から時々出る言葉です。

ご相談者に、「悪魔」や「鬼」について見たことがあるのですかと

尋ねてみることがある。

「悪魔」も「鬼」も見たことがないとの返事が返えってくる。

これは、夫や姑を「悪魔」や「鬼」に例えて話しているときに出てきます。

「悪魔」や「鬼」に見える夫や姑は、意外に家の外では、「天使様」や「神様」

に見られていたりすることも多い。

子どもたちも夫や姑のことを「天使様」や「神様」のように感じているかも知れない。

少なくとも「悪魔」や「鬼」とは見ていないかも知れない。

となると「悪魔」や「鬼」はいるような、いないようなもの。

見る人の心の持ちようで、「悪魔」や「鬼」と感じたり

「天使様」や「神様」に感じたりするのかも。

「夫がやってくれないのに、なんで私がしなくてはならないのですか。」

この言葉には、妻の心の中に「悪魔」か「鬼」か解らないが、

怖いものの存在を感じる。(家族を壊すものの存在)

なんで「夫がやらないから、私がやろう」との

「天使様」や「神様」を感じる言葉が出ないのかな。

いくらあなたに、妻や母親としての才能があっても

夫や子どもに認めてもらえなければ、自惚れにしかならない。

「悪魔」や「鬼」の心を持つと、人をひがんで攻撃的になる。

一方で、「天使様」や「神様」の心を持つと、

きめ細やかに心配りができる人間となる。

不思議なことに「悪魔」や「鬼」の心を持った人が、

「天使様」や「神様」の心を持つようになると

夫や姑もいい人に変わる。

私が出来ることは、「悪魔」や「鬼」をあなたの心の中から追い出して、

あなたの心の中に「天使様」や「神様」を呼び込むことです。

夫婦関係再構築には、一番大切なことです。

いろいろな男女・夫婦関係に関するブログです。是非、お読みください。

※ 木下行政書士に直接ご相談をしてみたいと思われる方は、お気軽に下記のフォームよりご相談ください。
フォームは全てプライバシー保護のため、GeoTrustのSSL暗号化通信を採用しております。
ご安心ください。

>>メール相談フォーム
>>電話相談フォーム
>>面談相談フォーム

LINEで送る
Pocket