夫婦関係の相談でよくある質問です!

LINEで送る
Pocket

離婚相談や夫婦関係に関する相談で、

男性と女性のどちらに相談をするのが、

良いのですかとの質問があります。

ご相談者の女性の方に、私を選んで頂いた理由をお尋ねすると、

一番多いのが、夫も男性ですので、同じ男性の方が、

夫がどのように考えているかを、解ると思ったとのこと。

そのように言われる女性は、

早く夫婦間の問題を解決したいと願っている。

確かに、妻が女性のカウンセラーを選んで相談をするのは、

同じ女性で、ご相談者自身の思いを肯定的に受け留めてくれる。

夫婦間の問題解決を図るよりは、

よき理解者になってくれるとの思いからかも知れない。

「あなたは正しい、相手が悪い」との感情移入された言葉を待ち望んでいる。

夫婦問題の解決よりも、

夫に認めてもらえなかった自分を肯定的に認めてくれる、

心の寄り所を探している。

一人で、悩むのは苦しいものがあるので、

ある意味仕方ないような気もする。

その観点から見ると、

夫婦関係修復や離婚のカウンセラーのHPにしてもブログにしても、

ご相談者の心の寄り所となる点を強調したものが多いのも頷ける。

離婚経験のあるカウンセラーなら、夫婦関係悪化で、

妻はどのように悩み、どのような観点に捉われる

かを身を持って体験をしている。

(離婚経験者をセールスポイントとしている点も、

夫婦関係悪化で悩んでいる妻には、

自分の悩んでいる心に共感してもらえるかもとの願いが強まる)

私に相談をされる男性は、夫婦間の題解決を図ってくれそうとの思いから、

また、男性の立場で考えてくれているHPやブログが少なかったからとの回答もある。

しかし、妻であり女性であるご相談者は、

女性のカウンセラーに相談をしたのちに、

相談に来られる方が多いような気がする。

夫婦関係で悩んでいる方は、夫婦間の問題を解決したいのか、

よき心の理解者を求めているのかを、ご自身の心を、

よく見極めた上で、相談を持ちかける人を選ばないとミスマッチとなる。

夫婦関係専門のカウンセラーは、臨床心理士等のような国家資格を

持つ方は少ないので、能力担保されていないと思ってください。

実は、カウンセラーのカウンセリング能力やコーチングの能力、

離婚に関するあらゆる知識、さらには、リスク管理能力等については

雲泥の差があように思う。

夫婦関係で悩んでおり、どうしてよいか迷い決めかねている方は、明確に方向性を示して、

具体的なアドバイスとそれを実践することによるリスクを詳細に説明する専門家を選ばない

と後悔することになる。

とにかく、夫婦関係に関する問題解決は、専門家選びからスタートすることになる。

まずは、男性と女性のカウンセラーにそれぞれ相談を持ちかけてみることをお勧めします。

商品関連→>>電話相談30分間無料
     >>臨床心理士
     >>カウンセリング本
     >>夫婦関連本
     

LINEで送る
Pocket