分かりやすい夫婦関係と分かりにくい夫婦関係

LINEで送る
Pocket

ここでは、夫婦関係には、分かりやすい夫婦関係と、分かりにくい夫婦関係があるということを説明しています。

例えば、夫が、妻といると何だか分からないが、不愉快な気持ちになってくる、そして落ち着かない。「なんでこうなったのだろうか?」と感じる。

妻が、「あなたは何を考えているのか分からない。何とか言いなさいよ」とか「あなたは本当にダメな人ね」というような、 直接的に攻撃する言葉を発しているわけではないのに、夫の心の中に不愉快な感情がめばえてしまう。

このような妻が発する言葉として「あなたのためを思って、言っているのよ」「あなたがそうしたいなら、私はかまわないわ」

このような言葉で夫の心を束縛しているということです。

このような言葉の裏にあるメッセージは、批判性と攻撃性をあわせもった要求であり、妻が、自己防衛をしながらの攻撃的なメッセージと言えます。

妻の言葉の裏には、夫が、妻に背くことを許さないという敵意が隠されています。

さらに恐ろしいのは、このような言葉を発している妻も、このような言葉を聞かされている夫も、この言葉の本意を気づかないでいることです。

聞かされている夫は、妻の本意には気づいていないのですが、なんとなく、妻に素直に受けとめることができない気持ちになってしまうのです。

妻に背くことを許さないという敵意を隠して、美徳をならべても、夫は妻には素直になれないのです。

しかも、一緒にいるだけで気が重くなってしまいます。「正論や美徳を並べて、夫の心を攻撃しようとしている」「正論や美徳を並べて、夫の心を束縛しようとしている」夫は妻に束縛をされているのだが、この束縛へ抗議するのは難しいことなのです。

ドイツの社会心理学者であり精神分析にも詳しいエーリッヒ・フロムが、好意的サディズムとして説いています。妻が夫を支配しようとする、夫婦関係でのモラル・ハラスメントなのです。

これが、迎合的なパーソナリティを具える人のモラル・ハラスメントなのです。妻の心にある攻撃性や敵意を隠して、夫を束縛し、いじめようとするときのハラスメントであり、正論や美徳による支配なのです。

モラル・ハラスメントが攻撃的なパーソナリティを具える人がする場合は、分かりやすいので、強い夫なら戦えます。

迎合的なパーソナリティを具える人は、敵意や攻撃性を隠しているので、外から見ると分かりにくいだけでなく、宗教的な教えや道徳、倫理、哲学がいう美徳や正論をならべて言ってくるので、夫に尽くす良い妻と錯覚されがちです。

さらには、母親として、モラル・ハラスメントを子供にするのです。そして、子供も不快感を持つことになってしまいます。

ここでは、夫婦関係には、分かりやすい夫婦関係と、分かりにくい夫婦関係があるということを説明しています。

例えば、夫が、妻といると何だか分からないが、不愉快な気持ちになってくる、そして落ち着かない。「なんでこうなったのだろうか?」と感じる。

妻が、「あなたは何を考えているのか分からない。何とか言いなさいよ」とか「あなたは本当にダメな人ね」というような、 直接的に攻撃する言葉を発しているわけではないのに、夫の心の中に不愉快な感情がめばえてしまう。

このような妻が発する言葉として「あなたのためを思って、言っているのよ」「あなたがそうしたいなら、私はかまわないわ」このような言葉で夫の心を束縛しているということです。

このような言葉の裏にあるメッセージは、批判性と攻撃性をあわせもった要求であり、妻が、自己防衛をしながらの攻撃的なメッセージと言えます。妻の言葉の裏には、夫が、妻に背くことを許さないという敵意が隠されています。

さらに恐ろしいのは、このような言葉を発している妻も、このような言葉を聞かされている夫も、この言葉の本意を気づかないでいることです。

聞かされている夫は、妻の本意には気づいていないのですが、なんとなく、妻に素直に受けとめることができない気持ちになってしまうのです。

妻に背くことを許さないという敵意を隠して、美徳をならべても、夫は妻には素直になれないのです。しかも、一緒にいるだけで気が重くなってしまいます。

「正論や美徳を並べて、夫の心を攻撃しようとしている」「正論や美徳を並べて、夫の心を束縛しようとしている」夫は妻に束縛をされているのだが、この束縛へ抗議するのは難しいことなのです。

ドイツの社会心理学者であり精神分析にも詳しいエーリッヒ・フロムが、好意的サディズムとして説いています。妻が夫を支配しようとする、夫婦関係でのモラル・ハラスメントなのです。

これが、迎合的なパーソナリティを具える人のモラル・ハラスメントなのです。妻の心にある攻撃性や敵意を隠して、夫を束縛し、いじめようとするときのハラスメントであり、正論や美徳による支配なのです。

モラル・ハラスメントが攻撃的なパーソナリティを具える人がする場合は、分かりやすいので、強い夫なら戦えます。

迎合的なパーソナリティを具える人は、敵意や攻撃性を隠しているので、外から見ると分かりにくいだけでなく、宗教的な教えや道徳、倫理、哲学がいう美徳や正論をならべて言ってくるので、夫に尽くす良い妻と錯覚されがちです。

さらには、母親として、モラル・ハラスメントを子供にするのです。そして、子供も不快感を持つことになってしまいます。

LINEで送る
Pocket