離婚相談室 - 木下行政書士事務所(土日祝夜間相談OK)
H O M E 業 務 一 覧 お客様の声 プロフィール 各種相談 会社概要 ブ ロ グ

DNA鑑定

離婚相談予約

メール相談(初回無料) メール相談(初回無料)

電話相談(30分間無料) 電話相談(30分間無料)

面談相談(30分間無料) 面談相談(30分間無料)

離婚の理由

離婚する前に・・・ 離婚する前に・・・

離婚を迷っている方へ 離婚を迷っている方へ

離婚寸前の危機脱する 離婚寸前の危機脱する

離婚と子ども 離婚と子ども

男性の離婚相談室 男性の離婚相談室

離婚相談(重要P) 離婚相談(重要P)

女性の離婚相談室 女性の離婚相談室

離婚の方法

離婚協議書作成

夫婦間で話し合って離婚 (協 議 離 婚) 夫婦間で話し合って離婚
    (協 議 離 婚)

離婚協議書と公正証書 離婚協議書と公正証書

調停による離婚 調停による離婚

調停の申立時の手続 調停の申立時の手続

調停は本人出頭主義 調停は本人出頭主義

離婚調停の実際 離婚調停の実際

調停に要する期間は 調停に要する期間は

調停取決 守られない時 調停取決 守られない時

裁判離婚(判決離婚) 裁判離婚(判決離婚)

親権者の決め方 親権者の決め方

監護者 監護者

子のための面接交渉権 子のための面接交渉権

面会交流の取決め方 面会交流の取決め方

内容証明の上手な利用法 内容証明の上手な利用法

離婚とお金

離婚と慰謝料 離婚と慰謝料

離婚と慰謝料額 離婚と慰謝料額

慰謝料の請求時期 慰謝料の請求時期

暴行・虐待の慰謝料 暴行・虐待の慰謝料

慰謝料と財産分与の関係 慰謝料と財産分与の関係

慰謝料の算定 慰謝料の算定

子どもの養育費 子どもの養育費

離婚の相談→養育費は? 離婚の相談→養育費は?

離婚と年金分割制度 離婚と年金分割制度

年金分割制度の実際 年金分割制度の実際

離婚と財産分与 離婚と財産分与

財産分与の対象財産 財産分与の対象財産

当事務所関連

メール相談 メール相談

電話相談 電話相談

面談相談 面談相談

料金表 料金表

顧問サポート 顧問サポート

免責事項 免責事項

大阪相続遺言サポートセンター

関連リンク集 関連リンク集

関連リンク集2 関連リンク集2

相互リンク集 相互リンク集

お問合せ 特定商取引法 プライバシーポリシー

調停に要する期間は


調停離婚では、あなたの苦しい心中を、
正確に分かりやすく調停委員に伝えることが重要です!


協議・調停離婚をうまく進めるためには、
調停委員の心象を良くしておくほうがいいですね。


離婚カウンセリング相談は、
そのような協議・調停離婚の不安を解消できますのでご利用くださいませ。


★調停に要する期間は

調停離婚の期間は、当事者双方の主張する内容によっても違ってきます。
たとえば、申立人がどうしても離婚をしたい、


でも相手方が絶対に離婚をしないと頑なに言い張っている時は、
継続をしても無駄ですので、1〜2回の調停で打ち切られます。


また、相手方が全く出頭しない時も同様です。


このことから調停とは、話し合いの場であることを認識していただきますと
理解しやすいと思います。


調停を重ねることで合意に至ることが可能と判断されますと
根気よく継続していただけます。


3回ほどの調停で終了する場合もありますが、
概ね6ヶ月から1年以内くらいで終了しています。


調停の期日は、ほぼ1ヶ月に1回開かれるのが原則です。


成立が早いと思われた場合はもっと早い期間で期日を入れることもあります。


私の経験から子どものことに関することで争いがある場合は、
調停であっても長引いています。


長引き理由は、家庭裁判所の調査官が、調査するなど、
子どもの立場に立って解決策を考えますので、
両親が納得しないと解決は、難しいです。



★調停の成立

夫婦どちらも納得すれば調停は成立します。調停では、離婚、親権者指定と養育費、
慰謝料や財産分与、面会交流もきちんと決めておくようにします。


調停離婚で決まったことは、家庭裁判所で「調停調書」という書類に記載されます。


調停調書に「申立人と相手方は、本調停により離婚する」と記載された時に
離婚は成立します。


その効果は、絶対で、確定した判決と同じ効果があります。
控訴するとか上告するという不服の手段はありません。


戸籍への届出が必要ですが、原則として調停の申立人が、
本籍地または届出人の所在地の市町村役場に調停で離婚した旨を報告します。


届出書は、協議離婚と同じで離婚届用紙を用いますが、
夫婦の署名・押印や証人の署名・押印も必要がありません。


「調停離婚成立の日から10日以内にすることとなっています。」注意してください。


添付書類として調停調書の謄本または抄本が必要です。


調停調書の謄本または抄本の取得に日数がかかる場合がありますので、
調停成立から10日以内に離婚届出ができないときは、


戸籍担当の窓口に事情を説明してください。



★調停が不調で終了す場合

調停によっても夫婦間の話し合いがまとまらない時は、
いつまでも調停手続を進めることは無意味ですから


「調停に代わる審判」をする場合を除いて、調停不成立という処置をとります。


離婚できないまま終了させられますが、不服の申立はできません。


後は、最後の手段である訴訟までやるかどうかの判断をすることになります。


申し立てた調停でも成立するか、不成立で終了するかの間であれば、
いつでも自由に取下げられます。


取下げには、相手方の同意は不要です。


もし調停を申し立てた相手方から「調停を取下げろ」との
圧力を加えられた場合でも家庭裁判所に事情を説明してください。


ある程度の説得を試みてくれるはずです

 

調停離婚で迷うのは、解決策が見えない不安から生じています。


 あなたも離婚問題の解決策や夫婦関係修復のチャンスを見つけだせます。


私は、夫婦カウンセラー/行政書士として、
あなたが抱えているすべてのお悩みを いつでも受け入れる用意がございますので、
ご安心してお気軽にご相談 をいただきますようお願い申し上げます。


離婚調停や円満調停(夫婦関係修復)の面談カウンセリングは、
平日の昼間の時間以外にも、お仕事帰りや土曜日・日曜日にも
ご予約を事前にいただきますと可能となります。


まずは、30分間無料カウンセリング相談がございますので、
電話カウンセリングでご相談をしていただければ、


 これからの指標や対処方法をご理解いただけると思います。
あなたからのご連絡をカウンセリングルームでお待ちいたしております。


 お気軽に相談&予約してください  木下行政書士
メール相談
メール相談
電話相談
電話相談
面談相談
面談相談



木下行政書士事務所

〒571-0057 大阪府門真市元町3番3-4号
TEL/FAX:(06)6909-9707
e-mail:h.kinoshita@maroon.plala.or.jp

Copyright (C) 2014 後悔しない離婚相談、離婚方法, All rights reserved.